ちゃむちゃんのこと

ももんが実家にいる,ミニブタもどきの柴犬,さくらちゃんは,ときどきこのブログにも登場しますが,長老ネコちゃむちゃんのことをあまり書いたことがなかったので,今日はちゃむちゃんのことを書こうと思います。

ちゃむはさくらのようにイタズラもしないし,ふとっちょでもないし,おまけに非常に警戒心が強くカメラも嫌い(写真うつりも悪いのよね~)なので,あまりブログネタになるようなことは少ないんですよね・・・。


cham1.jpg



ちゃむは,ももんがのバイト先で,まだ手のひらに乗るくらい小さなときに保護された子猫でした。

バイト先の子は,飼いたいと言っていたのですが,先住ネコ,クロちゃんがいたこともあって,子猫のもらい手を探すことに。

で,うちでひきとろうかな,ということになったわけです。

どちらかというと犬派のもも父は,はじめ,「子猫なんかやめてくれ~!」と言っていたのですが,「連れて帰っちゃえば,こっちのもんでしょ♪」と,ももんがが引き取りを強行したのは,ちょうど21年前(!)のこの季節でした。

結果として,ちゃむの魅力に一番やられたのは,もも父でしたけどね(笑)

おそらく,学者肌で,我が道をゆく感が強いもも兄や,学業と部活で,激務の商社マン並みに忙しいももんがよりも,くにゃくにゃともも父に甘えるちゃむのほうが,かわいかったのか?

なんにしても,小さくて大丈夫かいな?と,思うような子猫は,もも父の愛情を一心に受けて,やんちゃネコに成長しました。

やんちゃなくせにびびりで,庭の松の木に上っては降りられなくなり,松葉にさされ,怯えるちゃむにひっかかれながらの救出は,ももんがも何度か経験しましたよ。

1歳になるかならないかの頃には,2週間ほど行方不明に。。。

近所の工事現場などを,もも父,もも母が,名前を呼んだり,えさの紙箱を振りながら探した・・・ということもありました。

もう,見つからないんじゃないか・・・と,思いはじめたある早朝,まだ薄暗い中で,「ちゃむの声がした!」と,起き出したのは,やはり,もも父だったそうです。
あわてて雨戸をあけると,やせこけてどろだらけのちゃむが座っていたそうです。

行方不明になったのはそれっきりで,10歳ごろになると,家からもあまり出かけなくなり,時々屋根や縁側でひなたぼっこをするくらいのひきこもりにゃんこに(笑)

すごくびびりだったので,お客さんがあると,その後,半日くらい気配を消してしまうことも!
リーダー犬も,初めてちゃむの通り過ぎる影を見るまでにだいぶかかりました(笑)
(伊吹の気配消しより数段上ですよ)
そんなときに,納戸の一番奥の上の段!とか,押入の下の段のすみっこ!とか,ちゃむの居場所をばっちり言い当てるのは,たいていもも母でした。



さらに,さくらが我が家に仲間入りしてからは,2階から降りてこなくなって,1階がさくら,2階がちゃむと棲み分けるようになりました。2階の,かつてのももんがの部屋がちゃむ部屋となり(6畳一間を占有?!)窓辺の陽の当たる場所でほっこりしているのが好きだったみたい。


高齢になってから,住み慣れた家から仮住まい,仮住まいから新居と,2度の引っ越しも体験し,新しい家で2度目のお正月を迎え,この冬~春のどこかの日で,21歳のお誕生日を迎えたちゃむでしたが,





5月23日,午前10時頃,静かに虹の橋へ行ってしまいました。


老衰と思われます。


足腰が立たなくなり,4,5日前から食事と水の量が減って,朝,9時半頃には,動いていたのですが,10時半には,もう動かなくなっていたそうです。


暑くなってきましたし,さくらもいるので,あまりお別れを惜しむこともできず,ももんがは仕事もあって,ちょうど1週間前に会ったのが最後になりました。

カメラを嫌がるし,ほとんど毛布をかぶって寝ているので,めったに写真は撮らないのですが,なぜかこの日は携帯でちゃむフォトを。。。

cham2.jpg

(室内,携帯,フラッシュなしだと,こんな写真しかとれませんでした)

にゃんこで21歳というのは,かなりのご長寿さんですよね。

病気で苦しんだり,どこかを痛がったりすることもなく,眠るように亡くなっていたそうです。


ほとんど病気にもならず,病院にもかかったことがなく(生まれてから4,5回じゃないかな。。。)通算でかかった医療費なんて,伊吹の1年分より少ないんじゃないかと思うくらいに親孝行なちゃむ。もちろん,だんだんと弱っていくちゃむを毎日見ている,もも父&母は辛かっただろうと思いますし,最後の1年くらいは,体も弱ってきて,おそらく目があまり見えていなかったようです。ただ,鼻と耳を利かせて,そんなことはあまり感じさせませんでした。

あまり歩けなくなると,トイレだよ!ひなたぼっこするよ!日が陰ってきたからあったかいところに移動させて!ごはん食べるよ!と,何度も呼んで教えてくれていたそうです。いつもリビングにいるさくらがちょっとうらやましかったのかな?

また,さくらも子犬の頃のように,ちゃむを見かけると,「遊べよ~!ちょっと~!!!」なあんてちょっかいをかけることもなくなったため,新居は同じフロアでの生活になりましたが,うまくやっていたようです。
隙を見ては,ちゃむのいる部屋に忍び込み,鼻をそうっと寄せて,お互いにくんくんと挨拶をかわしていたとか。
ま,さくらはちゃむに会いに行くのが目的ではなく,こっそりごはんをつまみぐいするのが目的なんですけどね(笑)





よくがんばったね。えらかったよ,ちゃむ。
就職して,会社の寮に入ったももんがのかわりに,もも父ともも母の元気の素になってくれてありがとう。

ワンコが苦手なのに,番犬として迎えたさくら(番犬にはまったくならんけどね)を,受け入れてくれてありがとう。

うちの子になってくれてありがとう。

ちゃむちゃんはうちの子になってよかったと思ってくれているかな。



虹の橋では,しっかり走ったり遊んだりできるかな?
もう松の木から降りられなくて鳴くようなことはないのでしょうね。


バイバイ,ちゃむちゃん。。。またいつかね。

こめんと

ももんがにだけメッセージを送る場合はチェックをいれてね。

21歳とは本当にご長寿でしたね。21年も一緒に暮らされたんですから
ご両親はお辛いかと思います。でも、ちゃむちゃんは幸せな愛猫生活だったんでしょうね。
 ご冥福をお祈りします。
うちも14歳の老犬がいますので、毎年、夏を越せるかなと思っています。

おおっ!ちゃむちゃんの事が書いてある~♪と思いましたが、、、

なんと、天に召されましたか…。。。

ちゃむちゃん、大往生でしたね。なんて、親孝行のいい子^^

今頃は、虹の橋で皆の事を見守っているよ…。どうか、安らかに。。。

うちの猫達もちゃむちゃんの様に長生き出来るといいな~。

21年間も長生きできてちゃむちゃんも思い残すことはないでしょうね。
写真の顔がとてもやさしそうな顔してますね!
ご冥福をお祈りします。
天国のお庭でひなたぼっこしてるかな・・・・?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そうですか。ちゃむちゃん亡くなってしまったのですか。
21才とは大往生でしたね。
長い間一緒に暮らしているのが当たり前だったちゃむちゃん。
ご両親も寂しい想いをされているでしょうね。
でも、大切に育てられたちゃむちゃんは幸せな猫ちゃんだったと思います。
うちのナナもちゃむちゃんを見習って長生きをして欲しかったのに風のようにやって来て
風のように去って行きました。
何処かで元気に暮らしていると思いたいですが……。
ちゃむちゃんのご冥福をお祈りします。

ちゃむちゃん。
ご縁があってももんがさんのおうちに来て21年間。
愛情いっぱいうけて幸せだったんじゃないかなと思います。
お空からご家族のこと、さくらちゃん、伊吹ちゃん、そしてお友達ワンコニャンコのことを見守っててくださいね。
どうか安らかに・・・

ちゃむちゃん、21年間、もも父さんともも母さんの元幸せだったでしょうね~。
もも父さんともも母さんもさぞかし寂しいですね。
21年ってとっても長寿ですね。
私も実家にワン・ニャンともいましたが、最後の方、ニャンは帰って来ませんでした。
実家いわく、どこかで最後を迎える為出て行ったんだと……。
ちゃむちゃんの代わりに、またニャコが来たりしてね(^^)

21年・・・。とっても長い間一緒に暮らしていたんですね。
わんこもにゃんこも、別れがつきものではあるけれども、ちゃむちゃんは幸せを満喫してお空へ旅立ったと思いますよ。
もも父さん、もも母さん、そしてももんがさんも寂しいとは思いますが、きっとちゃむちゃんは側にいますからね。
ちゃむちゃんのご冥福をお祈りいたします。

21年ですか…。
ちゃむちゃんは長い間ご両親と一緒に暮らせて幸せだったと思います。
もも父さんもも母さんももんがさん、ぽっかり穴があいたようで寂しくなってしまいましたがきっとももんがさん達の事を側で見守ってくれてると思います。

プロフィールの所でちゃむちゃんの事が姿を現さないって書いてあっていつかみたいと思っていました。このような形で残念でしたが写真を撮らせてくれてありがとう、ちゃむちゃんは優しそうでかわいい顔です。
ちゃむちゃんどうか安らかに眠ってください。

☆ コメント ありがとう ☆

☆ コメント下さった皆様

まとめてのお返事でごめんなさい。

とても温かいお言葉ありがとうございます。
実家の両親も落ち込んではいますが,大丈夫です♪
さみしいことはもちろんとってもさみしいのですが,兄夫婦やさくらもいますし,
ちょむはほんとうにかしこいにゃんこで,そして最後までとっても頑張っていたので,
もう頑張らなくていいんだよ。と言ってあげられて,少し,ほっとしたようです。

21年・・・よく考えてみると,ももんがは22歳になってすぐ会社の寮に入ったので,
もうちょっとでちゃむに追い抜かされるところでした。ちゃむのほうが長くなっちゃうと,
ももんががかわいそうだにゃんとか,思ったのでしょうか。。。

きまぐれで,めっちゃびびりだったけれど,とってもかわいい奴でした。
幸せだったかな。毎日楽しかったかな。

どうか,皆様のおうちのわんこやにゃんこが,元気で幸せに長生きできますように。
こんな形でのちゃむ記事アップになりましたが,ちゃむのことを読んで下さってありがとうございました。
温かいお気持ちも,ほんとうにありがとうございました。


遅くなりましたが・・・・
ちゃむちゃん 虹の橋にわたってしまったのですね
大切にしてもらって幸せだと思います
いまはむこうで日向ぼっこでもしてるでしょう

ちゃむちゃん、天寿を全うできたんですね。
「うちの子になってくれて、ありがとう」というももんがさんの言葉。
ほんとに、そうですね。
私たちがワンちゃんやネコちゃん達からたくさんの幸せや元気を
もらっているんですものね。

ちゃむちゃん、やさしいももんがさんの家族になれて、幸せだったで
しょうね。


大先輩チャムが居なくなってなんか部屋ががらんとしています。
みなさまの暖かいコメントとても心にひびきました。
チャム母に代わってほんとにありがとうございました。

☆ コメントありがとう ☆

☆ コメント下さった皆様へ ☆

まとめてのレスでごめんなさい。
温かいコメント,ほんとうにありがとうございます。

さくらとちがってなかなかネタがなく,こんな形でのちゃむ記事アップとなりましたが,
読んで下さってありがとうございます。

皆様のおうちのわんにゃんが,元気で幸せに長生きできますように。
ありがとうございました。
おきゃくさん
お知らせ
TBは,管理人の確認後,適切なもののみ公開とさせていただきます。また,当ブログに関係のないコメント,管理人が不適切と判断したコメントは削除させていただきます。

いぶリンク

伊吹の血統書はこちら。

プロフィール
赤柴・♀、伊吹。
今15歳のワンコの日常を綴ります。
恐がりで甘えん坊,さらにおばかさんな伊吹と,ぼんやりももんがをよろしくね。

ももんが

Author:ももんが
北の大地であらくれ柴と暮らしています。

最近の記事
最近のコメント
動物紹介
伊吹
このぶろぐの当主(?)

リーダー犬
伊吹の群のリーダー。

ももんが
当ぶろぐ管理者。

犬の神様
伊吹が崇拝している。時折天を仰いでお祈りしたり,中空をみつめ呼びかけたりする伊吹の姿からしか,その存在は証明できない。

さくらちゃん
ももんが実家の先輩柴。性格温厚なふとっちょさん。

ちゃむちゃん
ももんが実家の長老猫。2008.5.23に,虹の橋へ。21歳という長寿で病気知らずの親孝行にゃんこでした☆

お気に入り

リンク
フリーエリア
過去ログ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ検索