この夏逝ってしまったワンコたち。

コタローくんのブログで2つの事件を知りました。

お店の前から連れ去られて,6階のベランダから投げられた百代ちゃん

慣れているはずの飛行機旅で熱中症にかかったビスコくん


ワンコを連れ去る人は,「ワンコが嫌い」あるいは,「鳴き声や糞尿の処理で迷惑を被っている」などの理由から,無差別に連れ去り,虐待をするような人か,全く逆で「あんまりかわいかったからつい連れて帰ってしまった」というワンコ好きの人(もちろん,許される行為ではありませんが)のどちらかだと思っていました。

でも,百代ちゃんを連れ去ったのはそのどちらでもない人でした。


飼い主さんは,犯人を恨むことよりも,このような目に遭うワンコがもう2度と現れないように・・・と,そのことを強く願っておられます。

ほんの少しでも,愛するワンコから目を離さないように・・・・・。



そして,今回が7回目の飛行機旅だった,まだ2才前のビスコくん。

いつもと同じように飛行機に乗り,いつもと同じように田舎で楽しい時間を過ごして,一緒に帰ってくるはずだったのに,帰ってくることはできませんでした。

確かに,「輸送中に何かあっても・・・」的な書類などもあるのでしょうが,「輸送中に何かある」とは普通考えませんよね。しかも飛行機に乗り慣れていればなおさら。。。


ももんが家が札幌にいる間に,すぐ近くで連れ去られた百代ちゃん,いつかは伊吹も連れて北海道に・・・と,考えるももんが家が,今回利用したJALで亡くなったビスコくん・・・・。

これがもし,伊吹だったら???

あそぼ


うちの伊吹はご存じの通り,おばかのうえに,びびりのしょぼい奴なので,外で目を離すということはまずありませんし,今のところ飛行機に乗せるのは性格的に無理だろうと思っていますが,スーパーなどで,飼い主を待って,お利口にしているワンコをみると,「ああ,いいなぁ,かわいいなぁ。」と,思いますし,あちこちのブログなどを見て,一緒に旅行が出来ればいいなあとも,思います。

「ワンコを守る」ということは常に意識しておかなければならないと,肝に銘じました。



百代ちゃんを捜していた飼い主さん,ご友人や街の方々,そして,ビスコくんとの旅を楽しみにして飛行機に乗った飼い主さん,ご家族の方々のお気持ちを考えると,胸が痛みます。



そして,事件や事故ではないけれど,やはりももんが家が旅行中にご近所のゴンタくんが逝ってしまいました。17才だったけど,とっても元気だったゴンタ君,毎日元気に散歩もしていたのに。
急に体調を崩したそうです。
飼い主さんは,毎日泣いてばかり・・・とおっしゃっていました。
まだまだ,元気だと思っていたのに,急に逝ってしまうなんて,辛いですよね。。。



百代ちゃん,ビスコくん,ゴンタくん,無事に虹の橋を渡れましたか。

飼い主さんが苦しむことのないように,見守ってあげて下さいね。

こめんと

ももんがにだけメッセージを送る場合はチェックをいれてね。

もし『百代ちゃん』が『自分のワンコ』だったなら!と思うと胸が張り裂けんばかりです。飼主様のお気持ち、お察しいたします。
しかし私も『百代ちゃん事件』の話を拝見して、ももんがさんと全く同じ感想を持ちました。当該女性の行動動機、心の様子がさっぱり分からない!って。
悪いことと分かっていても、どうしてもワンコが欲しかった、というのなら、6階から放り投げたりしないでしょうし、転売目的や動物嫌いなら飼主に嘘のコメントや連絡をしてまで、自宅で飼うこともないでしょうし・・・。
ワンコが『好き』であろうと思われるこの女性、窃盗を度々起こし、最終的には惨殺までする。全く何を思っているのか、不明で、恐ろしさを感じました。 しかしそもそも、それを考えるのはワイドショーがやってる動機追及と同じで、ナンセンスなのかもしれません(汗)

百代ちゃん、怖かったろうすぐそばにママがいたのに。
ビスコ君、暑くて怖かったね。

同じような悲しい事件を繰り返さないように、自衛できる事はしていく。
おいたままで買い物はしないように。。。
飛行機はまた利用する事もあると思います。
でも、夏場は避ける、水の補給、空港近くの獣医さんの確認(泊まり先での確認はしてたけど、空港近くは盲点でした)をする。

この犯人の女には子供さんもいるとの事。
子供の目の前でこんな事をするなんて、言葉がありません。
なんでか?ばかりです。

哀しいことです。

人の物と自分の物の区別がつかない本当に良識のない人が多くてあきれます。
まして・・生きているわんちゃんを連れ帰るなんて・・考えられません。その人に百代ちゃんの命を選択する権利は全くなかったはずです。その方の子どもさんが心に傷を受けていないか・・それも心配です。ご冥福をお祈りしたいです。

☆ まーく40さん

百代ちゃん,ほんとうにかわいそうですよね。
この事件だけでなく,ほんとうに最近は動機がわからない犯罪が多い。。
確かに動機追求してもしかたがないけれど,
予想できない思考や行動の犯罪者が多いと
自衛のしようもありませんよね。。。


☆ ちゃん吉さん

コタローくんは空の旅常連客だもんね。
ご実家なら,まだ,新幹線や車という手段も使えるけれど,
妹さんのとことかだと飛行機じゃないと大変だし。

空港近くの獣医さんというのは,ほんと,盲点だわ。
到着時刻なんかも,考えて予定を組まないといけませんよね。
コタロー君はこれまで通り,安全な空の旅が続けられますように。


☆ セサミさん

ほんとうに,悲しい事件です。
飼い主さんは,犯人の子供さんのことばかりを
心配されているそうです。
なんでこんなことになってしまったのでしょうね。。。。

おきゃくさん
お知らせ
TBは,管理人の確認後,適切なもののみ公開とさせていただきます。また,当ブログに関係のないコメント,管理人が不適切と判断したコメントは削除させていただきます。

いぶリンク

伊吹の血統書はこちら。

プロフィール
赤柴・♀、伊吹。
2017年9月22日に,15歳9か月17日で旅立ちました。
恐がりで甘えん坊,さらにおばかさんな伊吹と,ぼんやりももんがの日常を綴っていました。

ももんが

Author:ももんが
北の大地であらくれ柴と暮らしています。

最近の記事
最近のコメント
動物紹介
伊吹
このぶろぐの当主(?)

リーダー犬
伊吹の群のリーダー。

ももんが
当ぶろぐ管理者。

犬の神様
伊吹が崇拝している。時折天を仰いでお祈りしたり,中空をみつめ呼びかけたりする伊吹の姿からしか,その存在は証明できない。

さくらちゃん
ももんが実家の先輩柴。性格温厚なふとっちょさん。

ちゃむちゃん
ももんが実家の長老猫。2008.5.23に,虹の橋へ。21歳という長寿で病気知らずの親孝行にゃんこでした☆

お気に入り

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
過去ログ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ検索