いいこともわるいことも

ご心配をおかけしております。

温かい励ましやお見舞いのコメント,メール,ありがとうございます。
とても励まされています。



さて,伊吹ですが,このところぐうぐう寝ています。

ここ2日ほど,ほぼ1日中ベッドでぐうぐう。

普段は夜,私たちが寝るまで,ベッドに入らず,朝起きてくるとあわてて飛び出してくる,昼間はほとんど入らない・・・というパターンなのですが。

それまではけっこう長い時間,座って寝ていることが多かったんです。先生に伺うと,「寝ると傷が引っ張られて痛いので座っているのでしょう。」ということでしたから,ベッドでぐうぐう眠れるようになったのは良いことですよね。

20070516195447.jpg



とにかく,やたらめったら眠いらしく,あの食いしん坊が御飯の音にも出てこないなんてありえない(いや,食欲はあるんですけどね,出てくるのがめんどくさいらしい。)


ももんがはぐうぐう寝たり,あまり寝られなかったり,いろいろです。


普段はリーダー犬は昼頃出勤するのですが,月曜日は会社の健康診断で朝早かったため,一人で散歩に連れて行き,病院にも行かなければならなかったので,日曜の夜はちょっとブルーに。

ちょうど車が修理中で代車に乗っていたこともあって,運転もしにくいし(だってシフトレバーが前についてるし,パーキングブレーキがフットペダルだし;泣),車を汚したりすると大変なので。

なにより,病院であの悲鳴を1人で聞かなきゃいけないかと思うと。。。。だったので。



車では伊吹はお利口にずっと座っていました。
シートにはタオルを敷き詰めて,段ボールの箱の中に伊吹を入れていきましたが,痛がることもなく脱走してシートを汚すこともなく,実にいい子でした。

病院では,やはり地下室から聞こえる叫び声にかなり凹みましたが,傷口については,なんと!!「思っていたよりも状態がいいですよ。」とおっしゃってくれたのです。

きれいに洗浄してもらうと,内側の傷周りも赤からピンク色に。
排液???(イソジンや血液その他もろもろ,傷口からもれてくる液体)の量も減ってきたし,足の腫れもひいてきました。

最初は廃人のようだった伊吹ですが,今ではエリザベスカラーの着脱時には,「これ,うっとおしいんじゃい,なにつけてけつかんどんねん!」といちゃもんをつけたり,「はよ食うもんよこさんかい,われ。」と,おねだり(?)したりする元気もでてきたようです。怪我は少しずつ,良くなってきているのですね。


ただ,逆に1つ,心配なことが。

これまで,病院や散歩でワンコと会ってもあまり気にすることもなく,現場付近でもそれほど,おびえる様子は見られませんでした。ですから,「もしかすると,伊吹のおばかさん加減からして,何が起こったのか,誰にやられたのか,分かっていないんじゃないだろうか?」という気がしていたのですが,どうやらそうではなかったようです。

夕べ,会っちゃったんですよね。。。。

そこのお家の横を通るとき,チャリっとかすかに鎖の音がしたんで,私もちょっと気になったんですが,伊吹がその音に異様に反応して,ぷるぷる震えだしたんです。「あれ?やばいな」と思って,だっこして歩いて,離れたところでおしっこをさせようと下に下ろして,しばらくしたら,横断歩道をはさんで向こう側にあのワンコが!!



すると,伊吹はおしっこどころではなくなって,あわてて「だっこ!!だっこ!!」と,要求。私もあわてて抱き上げて反対方向に。ワンコはこちらを向いて「わんわん!」と鳴きながら,飼い主さんにしっかり引っ張っていかれました。

で,伊吹は超ぶるぶる震えだし,さらに大通りを渡って,離れたところまで行って下に下ろしても,すぐまた,「だっこ!!」

もっと遠くまで行って下ろすと,こんどは必至にさらに奥へと逃げていきました。とりあえず,おしっこだけさせて,あとはそこからずっとだっこして帰ってきました。すげえ,長距離で,腕,つっちゃったよ・・・。

これは日がたつにつれて,だんだんと薄れていくものなのでしょうか。今はだっこで散歩をしていますが,怪我が治ってくれば自力で歩いてもらわないといけないわけですから,なんとか克服してくれればよいのですが。


明日は,また,病院に行って来ます。鳴く声を聞くのは辛いですが,怪我の経過はそう悪くないだろうと思います(素人の見た目ですが)。ちなみに今ちょっと気になることは,裂傷をとめているステープラー(ホッチキス)を,いつ頃どうやって抜くのか?ということです。想像するだけで・・・ひぃ~!!ですよね。。。

(追記)この記事をアップした後,伊吹が急に「散歩に行く~!」というので連れて行きました。げーりーでした(>_<)
帰ってきて,処理してうろうろしていたら,ひんひん鳴いたので見に行くと,拡大トイレにまたまたげーりーがありました。。。。

伊吹はげーりーをにらんで座っていました。。。。。

その後,落ち着いて,今は寝ています。いやあ,拡大トイレを設置しておいてよかったです。。。抗生物質の影響でしょうか????

20070516195428.jpg

GWに近所の山で撮影しました。張り切って登っていたね。
大好きな山遊びはまだまだ先ですね。

こめんと

ももんがにだけメッセージを送る場合はチェックをいれてね。

ももんがさん 大変な状況の中で 経過報告ありがとうございます。
加害者犬に 遭ってしまった時の状況 大変でしたね・・・
伊吹姫は繊細な子なので やはりそりゃぁ覚えてますよ~
抱っこしてとねだるほど ももんがさんに頼りきってるなんて可愛いですしけなげですよね
傷の経過も良さそうで ホッとしましたが 悲鳴を聞くのはつらいですね
あぁ 涙でてくる~ がんばってね
でも 疲れないように ゆっくりしてね
みんな心から 応援しています。
早く 元気な 伊吹ちゃんに会えるように!
ももんがさんが 安心できるように祈ってますね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

傷の状態もどんどんよくなっているみたいですね。
しっかり食べているし、寝てるしで、自己治癒力がしっかりしてるんですね。

怖がる件ですが、「その犬」に怯えているのか、「チェーン」の音に怯えているのか、両方になのか。
多分両方になのでしょうね。
チェーンの音に反応することは、徐々に慣らす事は出来ると思います。
ただ、5歳という事もありますので、パピーのように簡単にはいかないでしょうね。
よく怖いものに慣らしていく方法として、嫌な事があった・見た瞬間に褒めておやつをあげる、という方法があります。
最初はほんの少しだけ音をだして(聞こえるか聞こえないぐらい)からはじめて、徐々に徐々に大きく長くしていきます。あまり急ぎすぎると逆効果になったり、その日のトレーニングが出来なくなります。
伊吹ちゃんの場合は、チェーンの音ですね。
ただし、近場にあるチェーンに反応しないのならば、相手のチェーンにだけ反応している、もしくは音ではなく相手の犬の足音や臭い・姿に反応している場合があるので注意です。
相手の気配を感じて怯えている場合、その相手の犬が近くにいないと上記の方法がつかえないので、ももんがさんとしても伊吹ちゃんとしてもつらいと思います。
そうであるならば僕の考え方では無理かもしれません。相手の犬に会うことは突発的に起こることですから、飼い主さんよりも伊吹ちゃんの方が先に反応してしまうからです。
上記の事は、パピーの頃からできる基本的なことですので、あまりにひどい場合(小さなチェーン音を聞いただけでおやつを食べない、他の犬にも怯えるなど)は専門家にお願いした方がいいと思います。
その場合、あまり強制訓練はよくないとおもいます。たぶん専門家でも強制訓練はしないはずです。

心のケアは絶対的に飼い主さんの支えが必要です。
パピーが車を怖がっても飼い主さんの日々の努力で改善されます。
今、伊吹ちゃんには飼い主さんの力が必要です。
しっかり支えてあげてください。

(僕の考え方は、しょせん二番煎じです。もしかしたら伊吹ちゃんにとって逆なことをしているかもしれません。ももんがさんがすでに知っていることかもしれません。的外れな場合はすみません。)

伊吹ちゃん、病院で治療たいへんだと思いますが頑張ってください。
応援しています。ももんがさんも、伊吹ちゃんの悲鳴を聞くのは、
とてもお辛いですね。自分の大切な子のそんな声を聞くのは・・・
私も経験があります。耳を塞ぎたくなるかもしれませんが、
伊吹ちゃんのそばで笑ってあげてくださいね。
少しでも早く、伊吹ちゃんの笑顔が見られるように、祈っています。

☆ ☆ コメント ありがとう! ☆ ☆

☆ kiyokoさん

ありがとうございます。
伊吹はどんどん,元気になっています。
心のほうはまだまだこれからですが,
怪我が治れば山や公園にも連れて行ってあげられるし,
気分転換もできるのでは・・・・と思います。


☆ glymaxさん

くわしいご説明をありがとうございます。
今日も病院に行きましたが,そちらで会ったワンコ達には
それほど反応をしませんでした。
(病院自体が怖いというのはあるんですけれどね;笑)
いまのところ,あのワンコだけかなぁ・・・?
普通に自分で歩いて散歩ができるようになったときに,向かってくるワンコがいれば
また,そんな反応をするのかもしれませんが。
とにかくまずは怪我の方をしっかりなおしてから,よく注意してみて,
対策を考えたいと思います。
ほんとうにありがとうございます。


☆ エトムさん

ありがとうございます。
伊吹の悲鳴を聞くのは辛いのですが,
日に日に良くなってきているというのを先生からお伺いすると,
うれしくなります。
早く元気になって,大好きな山に遊びに連れて行って
あげようと思います。
ありがとうございます。

傷良くなってきているのは何よりです~。
伊吹ちゃんが震えている事が本当に心配です。
暫くは忘れないのでしょうね。
伊吹ちゃん頑張れ~(^^/

☆ ☆ コメント ありがとう ☆ ☆

☆ りん子さん

ありがとうございます。
日に日に良くなってきていて,
先生も思っていたよりもいい状態ですとおっしゃってくれています。
まずは怪我をしっかりと治して,心の方はあせらずゆっくり
みていこうと思っています。

ありがとうございます。
おきゃくさん
お知らせ
TBは,管理人の確認後,適切なもののみ公開とさせていただきます。また,当ブログに関係のないコメント,管理人が不適切と判断したコメントは削除させていただきます。

いぶリンク

伊吹の血統書はこちら。

プロフィール
赤柴・♀、伊吹。
今15歳のワンコの日常を綴ります。
恐がりで甘えん坊,さらにおばかさんな伊吹と,ぼんやりももんがをよろしくね。

ももんが

Author:ももんが
北の大地であらくれ柴と暮らしています。

最近の記事
最近のコメント
動物紹介
伊吹
このぶろぐの当主(?)

リーダー犬
伊吹の群のリーダー。

ももんが
当ぶろぐ管理者。

犬の神様
伊吹が崇拝している。時折天を仰いでお祈りしたり,中空をみつめ呼びかけたりする伊吹の姿からしか,その存在は証明できない。

さくらちゃん
ももんが実家の先輩柴。性格温厚なふとっちょさん。

ちゃむちゃん
ももんが実家の長老猫。2008.5.23に,虹の橋へ。21歳という長寿で病気知らずの親孝行にゃんこでした☆

お気に入り

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
過去ログ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ検索